InDesign(インデザイン)データの印刷なら印刷ショップへお任せください。 / Illustrator・PDFデータの印刷も「高品質」「格安」!!

商品ガイド ご注文はコチラから 期間限定商品 オプション ご利用ガイド その他
データ作成ガイド
お役立ちガイド
よくあるご質問
お客様の声
営業日カレンダー
 赤字は休業日です
伊部印刷株式会社 福井県越前市家久町29-8-1会社概要はコチラ

当社では地球にやさしい大豆油インキ・植物油インキにて印刷を行なっております。インキだけでなく再生紙を使用し、環境保護、資源保護に貢献しています。

当社はアドビシステム社のプリントサービスプロバイダーの認定メンバーです。アドビアプリケーションの安定した出力・印刷が可能です。

サイト内検索



SSL GMOグローバルサインのサイトシール

SiteLock

データ入稿前のチェック項目 〜 Adobe InDesign 〜


Adobe InDesign

インデザインで作成されたデータは基本的にPDFでのご入稿をお願いしております。
ご入稿PDFに「RGBカラーが含まれている」「塗り足しが付いていない」などの不備が見受けられます。
確実な納期とご満足いただける商品に仕上げるためにも、ご入稿前にデータを十分にご確認ください。 
インデザインデータでのご入稿は弊社で対応できるフォントを使用しているか、使用フォントを添付頂くことで対応できます。その場合は必ずスクリーンショットまたはPDFを併せてご用意ください。

データ入稿前のチェック項目

Adobe InDesign

アドビ インデザイン データのご入稿前のチェック項目をご案内しております。
  データ作成のためのワンポイントアドバイス(Adobe InDesign) >>


リンクデータは適切である
▶Illustratorファイルの場合
以前はEPS形式で保存する方法が主流でしたが、透明効果や影効果などを問題なく出力するためにCS3以降は、ネイティブファイル(ai)での保存が推奨されています。
データは必ずCMYKで作成してください。
また、インデザインデータでのご入稿の場合にはすべてアウトラインをかけてください。

Illustrator_ai保存(CS3以降)
▶オプション
 PDF互換ファイルを作成 チェック
 配置した画像を含む チェックは不要です
 ICCプロファイルを埋め込む 任意でチェック
 圧縮を使用 任意でチェック
▶警告
 「ラスタライズ効果の解像度は72ppi以下です。」が表示されている場合は効果設定を高解像度にしてください。 ラスタライズ効果設定について



Illustrator_eps保存(CS2以前)
▶透明
 プリセット  高解像度
▶フォント
 他のアプリケーション用にフォントを埋め込む チェック
▶オプション
 配置した画像を含む 選べる場合はチェック
 サムネールを作成 チェック
 CMYK PostScriptをRGBファイルに含む チェック
 コンバチブルグラデーション チェックしない
 Adobe PostScript 3
▶警告
 「ラスタライズ効果の解像度は72ppi以下です。」が表示されている場合は効果設定を高解像度にしてください。 ラスタライズ効果設定について



▶画像ファイルの場合
データは必ずCMYKで作成してください。
保存形式はPhotoshop形式かPhotoshopEPS形式を推奨いたします。
また、インデザインデータでのご入稿の場合は、ファイルサイズやフォントの問題がございますのでEPS保存にしてください。

Photoshop EPS保存
▶プレビュー TIFF(8bit/pixcel)
▶エンコーディング    JPEG-最高画質(低圧縮率)
チェックはすべて外します
  上へ戻る


塗り足しや文字位置が適切である
紙面の端の部分まで色や写真が入るとき、断裁時に生じる微妙なズレにより用紙の色(白地)が 出てしまう可能性があります。それを避けるため、仕上サイズの外側まで、若干(3mm程)余分に色や写真の幅を広げておく必要があります。
また、仕上がりサイズの端まで文字がある場合も 断裁時に文字が切れてしまう可能性があるので、2〜3ミリ内側に配置してください。

  上へ戻る


PDFの書き出しは適切である
CS3以降をご使用の場合は透明効果をサポートするPDF/X-4、CS2の場合はPDF/X-1a、CSの場合は高品質印刷でPDFを作成してください。 埋め込み出来ないフォントを使用されている場合は、グラフィックス化を行ってください。

PDF作成方法(Adobe inDesign)

グラフィックス化の方法

1. 文字ボックスを選択します

グラフィックス化する文字ボックスを選択してください。(範囲指定ではなく文字ボックスそのものを選択します。)



2. グラフィックス化を選択します

Indesignの「書式」メニューより、「グラフィックス化」を選択します。 (InDesignバージョン1.0/2.0の場合はアウトライン作成) この時文字ボックスには塗りは指定しないでください。塗りが指定されていても、グラフィックス化と同時に 消えてしまいます。また、範囲指定して実行した場合には、ツメが変わり、 実行前とはズレが生じてしまいますので、必ずボックスごと選択してください。



Illustratorのアウトライン化のように、すべての文字をグラフィックス化してもいいの?
InDesignのフォントのグラフィックス化は、Illustratorのアウトライン化とは異なります。
Illustratorのアウトライン化はレイアウトが崩れることはありませんが、 InDesignは崩れるおそれがあります。
すべての文字をグラフィックス化すると、データの変化に気付かない可能性があるため、埋め込み出来ないフォントへの使用に留めることをお勧めします。その際にも、実行前と比べて影響がないか、細部まで注意して行ってください。
また、グラフィックス化後は文字の編集はできませんので、その前にデータのバックアップをお勧めします。

上へ戻る


ご入稿後のデータ修正について
データ入稿後の文字直しやデータチェック時の修正等は、ご要望があれば簡単な修正は指示を頂いてこちらでいたしますが、あくまで再入稿による手間の削減と時間短縮を目的で行っており、内容により有料になる場合もございます。



サイト上にない仕様、金額や納期のご相談、ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。
お問合わせフォームへ
お見積りフォームへ
 
トップへ