PDFデータ印刷 / Windows・Officeデータ・ワードデータ・エクセルデータの印刷も安心、格安 !! 印刷通販【印刷ショップ】

商品ガイド ご注文はコチラから 期間限定商品 オプション ご利用ガイド その他
データ作成ガイド
お役立ちガイド
よくあるご質問
お客様の声
営業日カレンダー
 赤字は休業日です
伊部印刷株式会社 福井県越前市家久町29-8-1会社概要はコチラ

当社では地球にやさしい大豆油インキ・植物油インキにて印刷を行なっております。インキだけでなく再生紙を使用し、環境保護、資源保護に貢献しています。

当社はアドビシステム社のプリントサービスプロバイダーの認定メンバーです。アドビアプリケーションの安定した出力・印刷が可能です。

サイト内検索



SSL GMOグローバルサインのサイトシール

SiteLock

PDFデータの作成方法(Microsoft Office・Adobe InDesign)

PDFというファイル形式では、「フォントの埋め込み」が可能です。
入稿データを印刷用の高解像埋め込みPDFデータに変換し、PDFデータとして入稿すれば、フォントは埋め込まれているため、書体が崩れることなく印刷出来ます。


 

Microsoft OfficeのPDF作成方法

Adobe Acrobatをお持ちの場合は 「Adobe Acrobat」でのPDF作成方法 をご覧ください。
お持ちでない場合はPDF無料作成ソフトの「PrimoPDF」をお使いください。
PrimoPDF ダウンロードURL】
http://www.xlsoft.com/jp/products/primopdf/index.html
PrimoPDF 4.1はMicrosoft Windows 2000、Windows XP、Windows Vista、 または Windows Server 2003で使用可能とありますが、当社ではWindows 7でも動作検証済みです。

「PrimoPDF」でのPDF作成方法

1.アプリケーションの「ファイル」から「印刷」を選択します。
2.利用できるプリンタの一覧から「PrimoPDF」を選択し「OK」ボタンをクリックします。


3.「PrimoPDF」のメインダイアログが開きますので、「プリプレス」を選択してください。

4.ファイルの保存先を選択して、作成するPDFに名前を付けてください。 
5.「PDFの作成」をクリックしてPDFを作成します。


「Adobe Acrobat」でのPDF作成方法

Office2003の場合
1.アプリケーションのツールバーより、「Adobe PDF」を選択し、「変換設定の変更」を選びます。

2.「設定」タブのPDF設定で「PDF/X-1a:2001(日本)」を選びます。
  PDF/X-1a:2001(日本)を選択できない場合は、「高品質印刷」を選びます。

3.再度アプリケーションのツールバーの「Adobe PDF」から、「AdobePDFに変換」を選ぶと、
  フォントが埋め込まれた高解像度のPDFが作成されます。


Office2007の場合
1.アプリケーションのツールバーより、「Acrobat」を選択し、「環境設定」を選びます。

2.「設定」タブのPDF設定で「PDF/X-1a:2001(日本)」を選びます。
  PDF/X-1a:2001(日本)を選択できない場合は、「高品質印刷」を選びます。

3.再度アプリケーションのツールバーの「Adobe PDF」から、「AdobePDFに変換」を選ぶと、
  フォントが埋め込まれた高解像度のPDFが作成されます。



>ページのトップへ


 



Adobe InDesignのPDFデータ作成方法


ご入稿いただくデータはInDesignからPDF/X1aに書き出してください。 埋め込み出来ないフォントを使用されている場合は、グラフィックス化を行ってください。

PDFへの書き出し方法

1.PDFに書き出します
Indesignの「ファイル」メニューより、「書き出し…」を選択してください。




2.フォーマットを選択します
フォーマットはAdobe PDFを選択し、任意のファイル名をつけて保存します。




3.プリセットを選択します
Adobe PDFを書き出しダイアログが出てくるので、PDF書き出しプリセットは「PDF/X-1a2001(日本)」 を選択し、書き出してください。




4.断ち落としがある場合は設定します
紙面の端の部分まで色や写真が入っているときは、トンボと断ち落とし項目のところで、断ち落としを3mmに 設定します。


「書き出し」をクリックして完了です。


グラフィックス化の方法

1.文字ボックスを選択します
グラフィックス化する文字ボックスを選択してください。(範囲指定ではなく文字ボックスそのものを選択します。)




2.グラフィックス化を選択します
Indesignの「書式」メニューより、「グラフィックス化」を選択します。 (InDesignバージョン1.0/2.0の場合はアウトライン作成) この時文字ボックスには塗りは指定しないでください。塗りが指定されていても、グラフィックス化と同時に 消えてしまいます。また、範囲指定して実行した場合には、ツメが変わり、 実行前とはズレが生じてしまいますので、必ずボックスごと選択してください。




Illusratorのアウトラインのように、すべての文字をグラフィックス化するつもり…
InDesignのフォントのグラフィックス化は、Illusratorのアウトライン化とは異なります。 Illusratorのアウトライン化により、レイアウトが崩れることはありませんが、 InDesignは崩れるおそれがあります。 すべての文字をグラフィックス化すると、データの変化に気がつかない可能性があるため、 埋め込み出来ないフォントへの使用に留めることをお勧めします。 その際にも、実行前と比べて影響がないか、細部まで注意して行ってください。 グラフィックス化後は文字の編集はできませんので、その前にデータのバックアップをお勧めします。

>ページのトップへ





サイト上にない仕様、金額や納期のご相談、ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。
お問合わせフォームへ
お見積りフォームへ
 
トップへ