インデザイン(InDesign)のデータを作成するワンポイントアドバイスを紹介しております。

商品ガイド ご注文はコチラから 期間限定商品 オプション ご利用ガイド その他
データ作成ガイド
お役立ちガイド
よくあるご質問
お客様の声
営業日カレンダー
 赤字は休業日です
伊部印刷株式会社 福井県越前市家久町29-8-1会社概要はコチラ

当社では地球にやさしい大豆油インキ・植物油インキにて印刷を行なっております。インキだけでなく再生紙を使用し、環境保護、資源保護に貢献しています。

当社はアドビシステム社のプリントサービスプロバイダーの認定メンバーです。アドビアプリケーションの安定した出力・印刷が可能です。

サイト内検索



SSL GMOグローバルサインのサイトシール

SiteLock

インデザインデータ作成のためのワンポイントアドバイス

 インデザインで作業するにあたり、使い方や設定方法などワンポイントアドバイスをご紹介します。
他にもご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

ワンポイントアドバイス

インデザイン(InDesign)データ作成

インデザインデータ作成のワンポイントアドバイスをご案内しております。
配置画像について Illusatrator_ai保存(CS3〜)
Illusatrator_eps保存(〜CS2) Photoshop/PhotoshopEPS保存
プリフライトの設定について(CS4〜) AIデータの配置について 
入稿用PDF作成方法について

配置画像について

以前はEPS形式で保存する方法が主流でしたが、透明効果や影効果などを問題なく出力するためにCS3以降は、ネイティブファイルでの保存が推奨されています。
データは必ずCMYKで作成してください。
また、インデザインデータでのご入稿の場合には、イラストレーターはすべてアウトラインをかけてください。画像はPhotoshopEPSで保存してください。
適切な配置画像を作成するために以下の点をご確認ください。
 
上へ戻る

Illustrator_ai保存(CS3〜)

▶オプション
 PDF互換ファイルを作成 チェック
 配置した画像を含む チェックは不要です
 ICCプロファイルを埋め込む 任意でチェック
 圧縮を使用 任意でチェック
▶警告
 「ラスタライズ効果の解像度は72ppi以下です。」が表示されている場合は効果設定を高解像度にしてください。 ラスタライズ効果設定について


 
AIデータの配置について

上へ戻る

Illustrator_eps保存(〜CS2)

▶プレビュー
 形式  TIFF(8-bitカラー)「透明」を選択
▶透明
 プリセット  高解像度
▶フォント
 他のアプリケーション用にフォントを埋め込む チェック
▶オプション
 配置した画像を含む 選べる場合はチェック
 サムネールを作成 チェック
 CMYK PostScriptをRGBファイルに含む チェック
 コンバチブルグラデーション チェックしない
 Adobe PostScript 3
▶警告
 「ラスタライズ効果の解像度は72ppi以下です。」が表示されている場合は効果設定を高解像度にしてください。 ラスタライズ効果設定について


 
上へ戻る

Photoshop/PhotoshopEPS保存

データは必ずCMYKで作成してください。
保存形式はPhotoshop形式かPhotoshopEPS形式を推奨いたします。
また、インデザインデータでのご入稿の場合は、ファイルサイズやフォントの問題がございますのでEPS保存にしてください。

▶プレビュー TIFF(8bit/pixcel)
▶エンコーディング    JPEG-最高画質(低圧縮率)
チェックはすべて外します
 
上へ戻る

プリフライトの設定について(CS4〜)

プリフライトを使用することでエラーを容易にチェックできます。
CS4以降をご使用の場合はカスタマイズが可能です。
一度設定すれば次回以降も使用できますので設定されることをおすすめします。


1. プリフライトパネルを表示します

「ウィンドウ」メニューより、「出力」の「プリフライト」を選択してください。



2. 新規プロファイルを作成します

プリフライトパネルメニューから「プロファイルを定義」を選択します。



3. プリフライト項目を設定します

「+」クリックしてを新規プロファイルを作成します。
任意のプロファイル名を付け、エラーチェックしたい項目を設定します。
設定が終わったら保存してOKをクリックします。


4. 作成したプロファイルを常に使用するように設定します

プリフライトパネルメニューから「プリフライトオプション」を選択します。
作業用プロファイルを作成したプロファイルに変更します。





5. エラーを確認します

オンにすると確認が始まり、エラーがあれば表示されます。
展開していくとエラー箇所が表示されます。
また、編集中は処理が重くなるのでオフにしておくことをおすすめします。



 
弊社推奨のプリフライト設定について

上へ戻る

AIデータの配置について

AIデータを配置する場合、EPSデータを配置する時とは異なり読み込む範囲を選択できます。

まずは、イラストレーターのアートボードに作成したオブジェクトを、バウンディングボックスサイズ(オブジェクトのみのトリミング)でインデザインに配置する方法を説明します。

インデザイン上でフレームツールを作成して「ファイル」→「配置」、またはそのまま「ファイル」→「配置」を選択し、「読み込みオプションを表示」にチェックを入れてから配置するAIファイルを選択します。


オプションのトリミングは「バウンディングボックス」を選択します。


インデザインのフレーム内に、バウンディングボックスでトリミングされたオブジェクトが配置されました。


次に、イラストレーターで塗り足し付きの背景などを作成した場合を説明します。
まず、イラストレーターの「ファイル」→「ドキュメント設定」で裁ち落としを3mmにしておきます。


配置するオプションのトリミングは「裁ち落とし」を選択します。


裁ち落としサイズでトリミングされたオブジェクトが配置されました。


上へ戻る

印刷データ修正(デザイン修正)も承っております

「編集したけど、もっと見栄えをよくしたい」「データは用意できるけど編集できない」というお客様のために、弊社のデザインオペレーターがデータの修正をいたします。

お客様のご希望・予算に合わせてお選びいただけるよう、
「見栄え修正コース」「デザイン修正コース」の2種類をご用意いたしました。

見栄え修正コース デザイン修正コース 見栄え修正コース   デザイン修正コース

画像をクリックすると拡大します。




サイト上にない仕様、金額や納期のご相談、ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。
お問合わせフォームへ
お見積りフォームへ
 
トップへ