無線綴じ冊子作成の
ワンポイントアドバイス

無線綴じ冊子は、中綴じ冊子のようにページを完全に開くことができません。綴じ部分(ノド)に文字や図柄などを配置した場合、隠れたり見えにくくなりますので、見開きの図柄などがあるデザインには特に注意が必要です。

冊子の各部名称について

冊子の体裁を表す名称は細かくありますが、中でもよく使われる名称です。

無線綴じ冊子名称 表 無線綴じ冊子名称 裏
※図は左綴じの場合
表紙は、外側にくるのが表1 (第1表紙) と表4(第4表紙)です。それぞれの紙の裏側は 表2(第2表紙)、表3(第3表紙) となります。
見開いた状態の両端が「小口」、中央の綴じ部分が「ノド」といいます。

綴じ方向について

基本的に、綴じ方向は本文が縦書きか横書きかによって決まります。横書き:右から左へめくる(左綴じ)/縦書き:左から右へめくる(右綴じ)

綴じ方向 左綴じ 綴じ方向 右綴じ 綴じ方向 天綴じ

ノド(綴じ部分)に寄りすぎないように

本文1ページ目と最終ページ

本文の1ページ目と最終ページは表紙に糊付けされます。そのためノド(綴じ部分)側5mm程は隠れてしまうので文字や絵柄を配置しないようにしてください。

無線綴じ糊付け 表紙 無線綴じ糊付け 表紙展開

その他の本文ページ

無線綴じはページを完全に開ききれないので、特にページ数の多い場合はノド部分のアキにご注意ください。冊子の内容やサイズにもよりますが、
読みやすさやバランスを考慮して文字や図柄は小口・ノドともに10〜20mm余白をもたせることをおすすめします。

無線綴じ糊付け 本文 無線綴じ糊付け 本文展開

塗り足しを忘れずに

塗り足し

紙面の端の部分まで色や写真が入るとき、断裁時に生じるズレを避けるため仕上がりサイズの外側まで3mm程余分に色や写真の幅を広げてください。
Officeソフトをお使いでフチなし印刷を希望される場合、当社で修正いたしますのでその旨お伝えください。

紙面の端にご注意を

文字がギリギリ

仕上がりサイズの端まで文字などがある場合、断裁時に切れてしまう可能性があるので、2〜3mm内側に配置してください。

見開きデータの作成方法

本文中に見開きで写真を配置したい場合は左右それぞれ3〜6mm程小口側にずらします。ずらさないとノド部分が製本上削れてしまいます。

見開きデータ作成イメージ 何もしない場合・左右それぞれ3〜6mm程ずつずらした場合
見開きデータ作成の注意点
  • 紙の厚み、ページ数等により若干の誤差が生じますのでご了承ください。
  • 厳密に絵柄を合わせたい場合は、中綴じ製本をお薦めいたします。

ノンブルをつけない時は
捨てノンブルを

すてノンブル

製本作業の際、ノンブルを頼りにページの順番を確認します。 ノンブルを付けない場合などは、ページ順を確認できるよう、データ上のトンボ外に捨てノンブルを配置してください。
※配置ができない場合は、ファイル名にページ番号を記載するなど、ページの順番がわかるようにして下さい。(例:p1_p2.docx )

インデックスを付けた場合

インデックスのずれ

小口側のインデックスなどは、製本時に若干ズレが生じるため、製本後小口側から見て一定の高さには揃いませんのでご了承ください。

表紙オモテ(表1表4)作成の注意点

外側にくるのが表1(第1表紙)・表4(第4表紙)です。
サイズは本文を見開いた状態に背幅分がプラスされます。
断裁時に生じるズレを避けるため、仕上がりサイズより3mm以上外側まで色や写真の幅を広げてください。

表紙は背幅が必要です 塗り足しは3mm以上必要です

表紙ウラ(表2表3)作成の注意点

表2(第2表紙)と本文の1ページ目、表3(第3表紙)と最終ページは糊付けされます。
そのため背の両側5mm程は隠れてしまうので文字や絵柄を配置しないようにしてください。

第2第3表紙(表紙裏)は本文と貼り合わせます。 第2第3表紙(表紙裏)は糊付けされるのでノド部分は最低5mmは開けてください

背幅の計算方法について

無線綴じ冊子の表紙には、冊子の厚み分、背幅が必要になります。ページ数が多ければ背幅は広くなり、本文用紙によっても背幅が異なります。表紙の背幅の寸法は、基本的に「用紙の枚数 × 紙の厚さ」となります。

背幅の計算方法
(本文ページ数 ÷ 2 × 紙の厚さ)
+(表紙の紙の厚さ × 2)= 背幅
▼ 背幅の自動計算ができる!
作成ガイド一覧

pagetop