データの入稿方法

ご注文がお済みになりましたら、データ容量、通信環境に合った方法で入稿してください。営業日の午後15:00までのご入稿なら、当日データチェックを行います。
データ入稿は【WEB入稿】【メール入稿】【転送サービス入稿】【メディア入稿】の4つの方法をご用意しております。
なお、入稿時は必ず、PDF・JPEG・スクリーンショット・出力紙のいずれかを一緒に添付してください。また、データに不備がありますと納期の遅延が生じます。なるべく余裕を持ってご入稿ください。
以下より、各入稿方法の詳細情報をご確認いただけます。

  • WEB入稿はご注文をお済みの会員様のみご利用いただけます。テストデータや見積データをご入稿のお客様は、WEB入稿以外の入稿方法、またはこちらをご利用ください。
WEB入稿
メール入稿
転送サービス入稿
メディア入稿
お取り扱いデータ

データ入稿のチェック項目

  • ご入稿データの最終確認をしていますか?
    ご入稿前に十分にデータ及び原稿内容をご確認いただいた後にご入稿ください。
  • リンク画像やドキュメントなど必要なデータが揃っていますか?
    再入稿となりますと、当初の納期から遅れが生じてしまいます。
  • 塗り足しは作成されていますか?
    紙面の端の部分まで色や写真が入るとき、紙の端に白地が出るのを防ぐ為に、仕上がりサイズより外側3mm程余分に色や写真の塗り足しが必要です。
  • データに拡張子が付いていますか?
    データには必ず拡張子(eps・ai 等)をお付けください。
  • ファイルが複数の場合は圧縮してください。
    圧縮形式は一般的な zip / sit / lzh 等でお願いします。
  • 出力見本を用意してありますか?
    入稿時は必ず、PDF・JPEG・スクリーンショット・出力紙のいずれかをお付けください。
    お客様が編集されたデータの正しい出力内容の確認のため必要となります。
データの圧縮方法
スクリーンショットの作成方法
データ入稿の注意点
  • データ入稿後に、修正・編集・画像処理やトラッピング・オーバープリントなどの作業が発生した場合は、有料になる場合もありますのでご入稿前に十分にチェックを行ってください。
    データ入稿後のデータチェック時や校正・色校正時の文字直し等の簡単な修正は、ご要望があれば指示を頂いてこちらで修正いたしますが、あくまで再入稿による手間と納期短縮を目的で行っており、内容により有料になる場合もございます。
  • データチェック完了後(印刷データ変換後)のOfficeデータの再入稿は、変換手数料が発生いたしますのでご注意ください。【基本料金1,100円 + 1ページにつき220円】
よく見かけるデータの不備

入稿前チェック項目

ご入稿前の各アプリケーション別のデータチェック項目をまとめております。データを作成される際、もしくは、データを入稿される際は、必ずご一読ください。データに不備があるとお客様による修正後の再入稿や、修正の確認などにより、納期・スケジュールに遅れが生じてしまいます。 確実な納期とご満足いただける商品に仕上げるためにも、ご入稿の前にはデータを十分ご確認ください。

pagetop