カタログ印刷

セールスに直結する存在だからこそ、品質重視の印刷物に仕上げたい。

セールスアイテムである商品カタログや製品カタログは、同業他社との差別化が必要となります。印刷ショップでは、そのような認識のもとに、印刷・製本にもより一層の注意を払い、クオリティの高いカタログ冊子をご提供させていただきます。ご要望があれば、用紙選択・製本方法など印刷会社ならではのアドバイスとご提案をさせていただきます。

商品カタログ/製品カタログ/カタログギフト/技術カタログ など
カタログ印刷の主なスタイル
無線綴じカタログ
無線綴じ」とは、糸や針金を用いずに、丁合の完了した折丁の背に糊を塗布して、表紙でくるむ製本方法です。ページ数が多い冊子印刷に幅広く用いられています。
ページ数の多いカタログに最適
仕上がりが美しく、高級感を出すことができます。強度があり存在感がありますので保存版カタログとしても最適です。
無線綴じ
無線綴じカタログの
バリエーション
無線綴じ 変形サイズ
210mm×210mmの正方形など、用途によって変形サイズにするだけで、ユーザーに強い印象を与えることができます。
無線綴じカタログ変形
無線綴じ+片観音折り /
無線綴じ+両観音折り
中ページに折込を入れることが可能です。インパクトのあるデザインが、よりいっそう他のカタログとの差別化を図ります。
無線綴じ+折り
中綴じカタログ
中綴じ」とは、冊子を開いた状態の紙(通常1枚で4ページ分)を重ね、中央部分を表紙ごと2ヶ所針金(ステッチ)で綴じる製本方法です。
中綴じカタログ 
最もポピュラーなタイプ
見開きデザインにすることにより、印刷面積を広くとることができ、仕上りもきれいで低価格です。
中綴じ
中綴じカタログの
バリエーション
中綴じカタログ 横型タイプ
ヨコ開きにした横型のスタイルも業種や目的によって効果的です。
中綴じ横型
折りカタログ
折り」とは無線綴じや中綴じと違い、針金や糊などを使わずに1枚の用紙を折り加工する製本方法です。アイデアしだいで様々なカタログとしてご利用頂けます。
折りカタログ 機能性のあるスタイリッシュなタイプ
仕上がりサイズは、A4・B5・A5の規格サイズです。折り加工をすることで、デザイン性を向上させつつ、コンパクトなサイズに収めることができます。3折りや両観音折りのカタログは全体像を一覧で理解させたい場合に大変効果的です。
  • 3折り
    (6ページ)
  • 両観音折り
    (8ページ)
折りカタログ
折りカタログの
バリエーション
折りカタログ 変形サイズ
210mm×210mmの正方形など、用途によって変形サイズにするだけで、ユーザーに強い印象を与えることができます。

2折りはチラシ・フライヤー印刷からご注文いただけます。ご注文時、ご希望のサイズを入力後、表示されたサイズを選択し折り加工オプションを追加してください。また、備考欄に仕上りサイズなどの仕様もご記入ください。
折りパンフレット印刷でもご注文いただけます。
折り加工オプション
折り加工

カタログのデータ作成チェックポイント

カタログ作成の最大のポイントとして、いかに比較・検討する情報が整理され使い勝手のいいものにするかを吟味しながらも、商品の良さをアピールすることが挙げられます。
分類ごとにインデックスを付ける、色で視覚的に分ける、アイコン化するなど、情報を整理します。
商品紹介やスペックなどカタログに必要とされる項目の見せ方、画像の配置などでビジュアル性を付加して他社との差別化を図りましょう。
また、商品写真はカタログの重要な要素となります。見栄えはもちろんのこと、届いた商品がカタログの色とまったく違っていればクレームの対象となります。商品に色を近づけることで信頼を得ることができ、リピーターの確保に繋がります。

カタログのデザイン・レイアウトもお任せください

当社グラフィックデザイナーにより、対象製品・サービスに最適な製品の見せ方、レイアウトの方法を様々な角度から最適化したグラフィックデザインをご提案します。
カタログの肝となる画像も、画像色調整の技術により、ハイクオリティな再現性を可能にします。
セールスに直結するカタログとなるよう、お客様と綿密な打ち合わせのもと、印刷会社ならではのアドバイスとご提案をさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

製品案内

pagetop