PDFの変換方法-Illustrator

入稿データを印刷用の高解像度フォント埋め込みPDFデータに変換して入稿すれば、アウトラインのし忘れ、リンク画像の添付し忘れといったトラブルもなく印刷出来ます。
また、これまで主流だったPDF/X-1a形式は透明効果がサポートされていなかったので、透明部分は分割・統合する必要がありましたが、CS3以降は透明効果をサポートするPDF/X-4での作成が可能です。CS2の場合はPDF/X-1a、CSの場合は高品質印刷でご入稿ください。

PDF/X形式でのPDF作成方法

1.アートボードサイズを確認

作成されるPDFはアートボードサイズが基準となりますので、アートボードサイズを仕上がりサイズに合わせるか、アートボードの中心に配置する必要があります。

アートボードを仕上がりサイズに
合わせる方法

2.RGBおよび特色の有無を確認

「ファイル」→「ドキュメントのカラーモード」がCMYKになっているか確認します。

ドキュメントのカラーモードを確認
【オブジェクトのCMYK確認】

オブジェクトのRGBおよび特色はドキュメント情報で確認できます。

ドキュメント情報パネルメニューの「選択内容のみ」のチェックを外すとファイル全体を確認できる。 RGBオブジェクト・特色オブジェクトの有無を確認 ドキュメント情報パネルメニューの「選択内容のみ」のチェックを外すとファイル全体を確認できる。 RGBオブジェクト・特色オブジェクトの有無を確認
【リンク画像のCMYK確認】

同様にリンク画像についても確認できますが、eps保存された画像のカラーモードはドキュメント情報には表示されません。

JPEG・PSD・TIFF画像は形状がRGBになっているが、EPS画像が形状がEPSとなっている JPEG・PSD・TIFF画像は形状がRGBになっているが、EPS画像が形状がEPSとなっている

リンクしているeps画像については元のアプリケーションで確認するか、
CS5以降をお持ちの場合はAdobe Bridgeで確認することができます。

Bridge CS5以降ではeps画像がRGBか確認できる Bridge CS5以降ではeps画像がRGBか確認できる

CC以降では、ファイルに使用しているリンク画像を収集するパッケージ機能が搭載されました。リンク画像の保存場所を探したり、添付忘れなども防げるため便利な機能です。

パッケージ機能でリンク画像を
収集する方法

3.別名保存

次に、「ファイル」メニューより、「別名で保存…」を選択してください。

別名で保存を選択

4.フォーマットと保存ファイル名を指定

フォーマットはAdobe PDFを選択し、任意の保存ファイル名を入力します。
アートボードが複数ある場合は「すべて」を選択します。

別名で保存でPDFを選択 別名で保存でPDFを選択

5.プリセットを選択

CS3以降は「PDF/X-4:2008(日本)」、〜CS2は「PDF/X-1a2001(日本)」を選択します。

プリセットを選択する 保存後PDFファイルを表示を選択するとPDFが開く プリセットを選択する 保存後PDFファイルを表示を選択するとPDFが開く

6.「圧縮」の設定

「カラー画像」、「グレースケール画像」、「モノクロ画像」、すべて「ダウンサンプルしない」「圧縮:ZIP」にします。
「テキストとラインアートの圧縮」のチェックを外します。

圧縮の設定 圧縮の設定

7.「トンボと断ち落とし」の設定

トンボにチェックをします。裁ち落としをすべて3mmにします。

トンボと裁ち落としの設定 トンボと裁ち落としの設定

8.「色分解」の設定

出力インテントのプロファイルをJapan Color 2001 Coatedにします。

色分解の設定 色分解の設定

9.プリセットを保存

今回の設定を次回からも使用できるようにプリセットを保存しておきます。
右上にある「プリセットを保存」アイコンをクリックして、任意の名前を設定し保存します。

プリセットを保存

10. PDFを書き出し

「PDFを保存」をクリックするとPDFが作成されます。

PDFを保存

以下のメッセージが表示されますが、OKで結構です。

PDF/Xで保存すると、次にドキュメントを開いたときに編集機能の一部が使用できなくなる可能性があります。PDF/X以外の形式を選択し、「Illustratorの編集機能を保持」を有効にしてください。続行しますか? PDF/Xで保存すると、次にドキュメントを開いたときに編集機能の一部が使用できなくなる可能性があります。PDF/X以外の形式を選択し、「Illustratorの編集機能を保持」を有効にしてください。続行しますか?

pagetop