PDFの変換方法-InDesign

InDesignはillustratorのようにアウトラインが容易ではありません。
しかし、入稿データを印刷用の高解像フォント埋め込みPDFデータに変換して入稿すれば、フォントは埋め込まれているため、体裁も崩れることなく印刷出来ます。
また、これまで主流だったPDF/X-1a形式は透明効果がサポートされていなかったので、透明部分は分割・統合する必要がありましたが、CS3以降をご使用の場合は透明効果をサポートするPDF/X-4での作成が可能です。CS2の場合はPDF/X-1a、CSの場合は高品質印刷でご入稿ください。

PDF/X形式でのPDF作成方法

1.RGBおよび特色の有無を確認

オブジェクトにRGBが使用されていた場合、スウォッチパネルで変更できます。
まず、スウォッチパネルメニューから「未使用を全て選択」を選択し、使われていないスウォッチを削除します。
次に同じくスウォッチパネルメニューから「名称未設定カラーを追加」を選択し、スウォッチに登録されていないカラーを追加します。

スウォッチパネルにてRGBを変更 グラデーションにRGBカラーが使用されている場合はスウォッチに追加されません スウォッチパネルにてRGBを変更 グラデーションにRGBカラーが使用されている場合はスウォッチに追加されません

特色やRGBがある場合は項目をWクリックし、スウォッチ設定でCMYKに変更します。

パネル内の項目右側のRGBアイコンをWクリックして設定を変更 パネル内の項目の右側のRGBアイコンをWクリックして設定を変更 パネル内の項目右側の特色アイコンをWクリックして設定を変更 パネル内の項目右側の特色アイコンをWクリックして設定を変更

配置したリンク画像のカラーに関しましては、元のアプリケーションで確認するか「プリフライト」で調べることができます。

プリフライトの設定について

2.PDFに書き出し

 

次に、「ファイル」メニューより、「書き出し…」を選択してください。

書き出しを選択

3.フォーマットと保存ファイル名を指定

 

フォーマットはAdobe PDFを選択し、任意の保存ファイル名を入力します。

フォーマットとファイル名を指定 フォーマットとファイル名を指定

4.プリセットを選択

 

CS3以降は「PDF/X-4:2008(日本)」、〜CS2は「PDF/X-1a2001(日本)」を選択します。

プリセットを選択 プリセットを選択

5.「圧縮」の設定

 

「カラー画像」、「グレースケール画像」、「モノクロ画像」、すべて「ダウンサンプルしない」「圧縮:ZIP」にします。
「テキストとラインアートの圧縮」のチェックを外します。

圧縮の設定 圧縮の設定

6.「トンボと断ち落とし」の設定

 

トンボにチェックをします。裁ち落としをすべて3mmにします。

トンボと裁ち落としの設定 トンボと裁ち落としの設定

7.「色分解」の設定

 

出力インテントのプロファイルをJapan Color 2001 Coatedにします。

色分解の設定 色分解の設定

8.プリセットを保存

 

今回の設定を次回からも使用できるようにプリセットを保存しておきます。
左下の「プリセットを保存…」をクリックします。

プリセットを保存

9.PDFを書き出し

 

右下の「書き出し」をクリックするとPDFが作成されます。

PDFを書き出し
PDFデータの作成方法
作成ガイド一覧

pagetop